10月15日(月)「ミライトワ」「ソメイティ」 

2学期になって久しぶりの月曜日です。朝会も久しぶりですね。

さて、10月になりました。10月は「神無月」とも言われています。全国各地の神様が出雲に集まって、神様がいなくなるのでそう言われたそうです。1年に1度神様達が集まって、あの国の娘とこの国の青年を結婚させようという話をしていたとも言われています。おもしろいですね。

さて、10月、今年度のちょうど半分過ぎました。一つ一つの事をしっかりやっていますか。

さて、今日10月1日は、「都民の日」でしたね。

東京都と言えば、先週は築地から移転した豊洲市場ができ、にぎわっていますね。

そして、あと1年9か月後には、オリンピック・パラリンピックが開催されます。

夏休み中にオリンピック・パラリンピックのマスコットの名前が発表されました。このマスコットは、全国の小学生が投票で決めたのですね。みなさんも投票しましたね。

さて、なんという名前だか、覚えていますか?オリンピックのマスコットは、「ミライトワ」、パラリンピックのマスコットが「ソメイティ」です。

「ミライトワ」は、「未来」と「永久」という二つの名前を結び付けて生まれました。素晴らしい未来を永遠にという願いです。「ソメイティ」とは、桜を代表する「ソメイヨシノ」と非常に強いという意味の「so mighty」から生まれました。

「ミライトワ」は正義感が強く、運動神経が抜群、どんな場所にも瞬間移動できるそうです。

「ソメイティ」は顔の両サイドにある桜の触覚でテレパシーを送受信して、市松模様のマントで空を飛ぶことができます。普段は物静かですが、いざとなると超人的なパワーを発揮します。超能力を使って石や風と話したり、見るだけでものを動かしたりできるそうです。

あと、2年でオリンピック・パラリンピックを迎えます。みなさんが住んでいるこの中央区は晴海に選手村が出来る事はもちろん、銀座、人形町、水天宮は、たくさんの外国人でにぎわうでしょう。楽しみにすることはもちろん、オリンピック・パラリンピックで自分に何ができるか、考えてほしいと思います。

9月10日(月)「あたりまえのこと」

先週は北海道で大きな地震が起こりました。多くの人が亡くなっています。

土曜日は引き取り訓練もありましたね。いざというときの備え、そして訓練が必要となります。日頃から真剣に訓練に参加してほしいと思います。

さて、先週の土曜日は昔の暦でいうと「白露」。夏の盛りが過ぎ、少しずつ空気が冷えてきて草木に白い露ができるころです。そういえば、今は、朝晩秋の虫が鳴き、6時頃になると暗くなり、天気の良い日にできる影は長くなりました。少しずつ秋が深まっています。

水泳の授業も終わりました。本格的な秋がそこまで来ています。

さて、夏休みが終わって一週間が過ぎました。生活のリズムは整いましたか?まだの人は、「早寝、早起き、朝ご飯」を心がけ、早く学校のリズムを取り戻してほしいと思います。そして、この1週間皆さんには、あたりまえのことをしっかりしてほしいと思います。たとえば、昇降口の靴箱の靴のかかとをきちんとそろえて入れること。きれいにそろっていると、「落ち着いて生活しているな。」とか「しっかり生活しようとしているな。」と思うけれど、反対に乱暴に入っていると「お家でなにかいやなことがあったのかな。」「あわてる事があるのかな。」と思います。靴のかかとをきちんとそろえる事はあたりまえの事ですが、あたりまえの事とはいえ、揃っていると、みんながきっと落ち着いて生活しているのだろうと安心します。

さて、今日の朝のことを思い出してください。

朝、起きて、「おはようございます。」とお家の人にあいさつしましたか?顔を洗って、歯を磨いて、髪をとかして、朝ご飯を食べましたか? 忘れ物が無いか確かめましたか?あたりまえのことですね。

学校でもあたりまえのことはたくさんあります。時間を守って生活する。友達のものは盗らない。隠さない。忘れ物はしない。必要なものは持ってこない。間違った事をしたらごめんなさいという。友達に意地悪をしない。休み時間使ったボールはしっかりとしまう。みんなあたりまえの事です。あたりまえの事が出来ないときまりが出来たり、注意されたりするわけです。あたりまえの事があたりまえに出来る一週間であってほしいと思います。

9月3日(月)始業式

2学期が始まりました。

たのしい夏休みでしたか?今年の夏休みは、今までになく熱い夏休みでした。皆さんが体調を崩すことなくこうして元気にまた、会えたこととてもうれしく思っています。

皆さんの元気な顔が見られてとてもうれしいです。

さて、今日は3つお話をします。しっかり聞いてください。

一つ目です。

まず、9月3日生まれの有名人の話をします。

問題です。

ヒント1、身長は129.3センチ

ヒント2、体重は、129.3キロ

ヒント3,好きなもの どら焼き

ヒント4,嫌いなもの ネズミです。

最後のヒント、それは、ネコ型ロボットです。

そうです。2112年9月3日は、ドラえもんの誕生日です。今は2018年ですから、ドラえもんは約100年後の未来からやってきたのです。

おなかのポケットからいろいろな秘密のものを取り出して、のび太を助けますね。

道具のなかでほしいものをアンケートしたら、

1位 「どこでもドア」

2位 「タイムマシン」

3位 「タケコプター」

でした。100年後、この道具は本当になっているか空想することもたのしいですね。

今から100年前、21世紀の予言という新聞記事があったそうです。

100年前人々は、21世紀になったらどんなものができたかということで次のようなもの予言していました。

○  寒さ暑さ知らずの空気調整器

これはエアコンになっていますね。

○  高速列車で東京神戸間を2時間半

これも新幹線で実現しました。

○  遠く離れた男女がひそひそ話をする伝声器

これも携帯電話で実現しました。

と言うように夢のように語られた技術が次々に実現されているわけです。

さて、100年後どうなっているでしょう。

ちなみにここ10年の間に、1学期もお話ししたように、地球と同じような大気や水をもった惑星が次々と見つかる可能性があるそうです。20年から30年後は宇宙旅行も夢ではなくなるかもしれません。また、ロボットも発達して一家に一台というようになり、掃除や洗濯をしてくれるロボットも生まれるかもしれません。また、地球の温暖化で100年後は、東京の気温が44度になるとも言われています。心配ですね。

2学期は、是非、未来やこれまでの過去について学習してほしいと思います。有馬小学校は145年の歴史があります。是非、有馬小学校の歴史を知って未来につなげてほしいと思います。20年、30年、100年後有馬小学校、そして世の中がどのように変化するのか、是非、145年の有馬小学校の歴史を学びながら考えてほしいと思います。

2つ目です。

夏休みは、皆さんは、朝のラジオ体操、地域のお祭り、大江戸まつり等、地域の皆さんやPTAの役員のお父さん・お母さんにお世話になりました。夏休みに楽しい思い出や貴重な体験ができたのはこれらの大人の方々のおかげです。感謝をしてほしいと思います。

 最後です。

先週の土曜日は、東京で大震災が起きた日です。ですから今日は「防災の日」です。今から約100年前、大正12年の9月1日、お昼頃に発生しました。昼食時だったため、多くの家庭で火を使って料理をしていたため、あちらこちらで火災が発生し、東京では3日間に渡って燃えつづけました。日比谷、銀座、日本橋、浅草、上野を焼き尽くしました。この時の死者は10万人以上だといわれています。

東京に、また大きな地震が来ると言われています。常日頃の避難訓練はまじめにすることはもちろんですが、お家の人と、もう一度大きな地震が来たら家族でどこに集まるか2カ所、確認しておきましょう。