ごあいさつ

校長校長 平松 功治

 本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

 平成30年度が始まりました。

 

 日本橋中学校は、江戸時代から日本の政治、経済、文化の中心として栄えてきた、日本橋地区にある唯一の公立中学校です。昭和49年4月に、中央区立久松中学校、(旧)日本橋中学校、紅葉川中学校が統合され、中央区立第四中学校として発足しました。また、平成3年度より、現在の「中央区立日本橋中学校」に校名が変更され、現在に至っています。

 

 これまで本校は、確かな学力を身に付けることができる学校、心身ともに健全な成長ができる学校として、開校以来、日本橋地区にある唯一の公立中学校としての役割を果たしてきました。歴史と伝統のある本校の一員であることに、私たち教職員も生徒も、そして卒業生も喜びを感じ、誇りとしています。

 

 さて、4月9日に行われた第45回入学式では104名の新入生を迎え、全校生徒332名、10学級で日本橋中学校の本年度の教育活動がスタートいたしました。今年度も目指す学校像として『凛として 確かな学びで大きく伸びる日本橋 心通わせ夢叶う学校』掲げるとともに、『将来の展望をもち 自らの夢を語れる生徒』を目指す生徒像に設定し、地域の方々の協力を支えに、生徒、教職員、保護者が一体となって、これらスローガンの実現を目指していきます。

 

 学校づくりの主役は、生徒です。生徒一人一人が、本校で学ぶことに誇りをもち、仲間と協力しながら、それぞれの夢を叶える学校として、知・徳・体のバランスがとれた教育実践を工夫してまいります。在校生たちが、「日本橋中学校で学んでよかった」と心から思える教育活動を展開するよう教職員一同、誠実に子どもたちの教育にあたってまいります。保護者、地域の皆様の本校教育活動への更なるご理解、ご支援をお願いいたします。

 

学校経営計画の概要