大阪佃交歓会

10月31日(土)

 大阪佃交歓会も、今年で51回目を迎えました。本年は大阪側への訪問の年でした。5・6年の代表児童12名、楽しくも意義のある交流会を体験してきました。

     
東京駅に集合です。これから向かう大阪の地に期待を膨らませます。新幹線からは、富士山もきれいに見えました。
     
 新大阪駅では、大阪佃小学校のPTAの方が迎えてくださいました。佃小学校では、玄関でお出迎えをしてくださいました。
     
交歓会では、手紙の交換を行いました。一緒にゲームをしたり、歌を歌ったりと、楽しい交歓会になりました。
     
5・6年生の教室では、いろいろな歓迎の催しを考えてくれていました。もうこのころには大阪の友達とも仲良しです。
大阪佃小学校での記念撮影!51回目の記念として、「10月桜」の植樹式を行いました。学校を後にして向かったのは…
東京の住吉神社の元にあたる田蓑神社の参拝です。ここには、大阪佃と東京の佃島とのゆかりの碑があり、この交歓会のことも記されていました。
大阪佃小学校の子供たちとの観光です。今回は甲子園の見学に行きました。普段は入ることのできないブルペンや、ベンチ、選手の控室なども見せていただきました。あの有名な選手もこのシートに座ったかもしれない!
甲子園のグラウンドでは、オーロラビジョンに今回の交歓会のことを映していただき、なんと、記念に両校の校歌を流してくださいました。甲子園で校歌を斉唱できるなんて、とてもいい思い出です。
長いようであっという間だった交歓会にも、お別れの時間がやってきます。大阪の子供たちがバスを降りてお見送りをしてくれました。新幹線ではみんな大阪の思い出を語りました。東京駅に帰ってきて、おうちの人の顔を見たら、話したいことがあふれてきたようにたくさんの笑顔と思い出話がつきませんでした。