7月9日(水)に、トウモロコシの皮むきをしました。

栄養士の横山先生にトウモロコシのひげの数と実の数が同じだということや皮のむき方などを教えていただきました。子どもたちは、全校の給食用のトウモロコシの皮をバナナの皮のように一枚一枚剥いたり、たくさんついているひげをとったりと楽しく活動しました。

自分たちで剥いたトウモロコシが給食に出た時、「自分たちが剥いたトウモロコシだ!」と声が上がり、さらにおいしい給食となりました。