センター教室

 10月26日(火) 教育センターで、理科の学習を行いました。

 理科「空気と水」の学習で学んだ、『空気はおしちぢめられると押し返す。水はおしちぢめられない』ということを基に、ペットボトルロケットに挑戦しました。中に入れる水の量によって、ロケットの木距離が変わっていくことについて、「どうして?」という思考をもって学習しました。

 その後、プラネタリウムで月と星の動きについて、実際の空の動きを見ながら学んでいくことができました。

  

 

 

社会科見学

 10月19日(火)にインド大使館を訪問しました。

 泰明小学校は、6年前からインド舞踊を中心に、国際理解教育でインドについて学んでいます。今年度も大使館を訪問し、インドのヨガを体験したり、インドの文化や風土について教えていただいたりすることができました。また、訪問のお礼として、大使館の方々の前で代表児童がインド舞踊「ガネーシャ」を披露し、素敵な拍手をいただきました。この体験が、国際交流のきっかけになれば良いなと思います。

  

 

 

社会科見学

 10月14日(木)に、朝霞浄水場見学へ行きました。

 社会科「水はどこから」の学習で、普段何気なく使っている水がどのようにして手元まで届くのか、ということについて学びました。そのまとめとして、今回、浄水場の見学を行いました。川の水が送られてきて吹き出す迫力を目の前で見たり、大きな貯水槽に驚いたりしながら、汚れた水が行程ごとにきれいになっていく様子を順に追っていくことができました。

 「さっきよりきれいになってる!」「停電になっても大丈夫なのかな?」と、発見や、疑問をもちながら見学し、たくさんの質問をして良い体験学習になりました。

  

 

 

柏セカンドスクール

 9月9日(木)に、柏学園セカンドスクールへ行ってきました。

 当日は朝からあいにくの雨となりましたが、学園長先生のご厚意により、竹細工キーホルダー作りに取り組みました。小さく割った竹を紙やすりで磨き、表面にバーナーで思い思いの焼き色をつけ、世界で一つ、自分だけのキーホルダーを完成させました。

 午後は広い体育館で、オリンピックならぬ「チビリンピック」を開催しました。変わり20mメドレーや、荷物運びレースなど、様々な競技に白熱しました。久しぶりに汗いっぱいになるほど全力を出し切った子供たちは、「楽しかった!」「疲れた~!!」「来て良かった!」と、笑顔がとても爽やかでした。

  

 

 

水道キャラバン

 5月26日(水)に4年生はゲストティーチャーとして水道キャラバンのスタッフ3名に来ていただきました。私たちの生活に欠かせない水が、どのようにして私たちの家や学校まで運ばれるのかを映像や実験を目にすることで学習することができました。宿題として、学んだことを家の人に伝えることになっていました。まだ聞いていないというご家庭は、お子さんに是非聞いてください!