常盤小学校 校歌

作詞 中村 秋香  作曲 小山 作之助

一 来る春毎に 新しき
色を加えて年の端に
いやしげりゆく庭の松
常盤のかげこそめでたけれ

二 千本八千幹年毎に
おいたつ小松ひめ松も
常盤の操とりどりに
親木のかげにぞさかゆなる

 

こちらをクリックすると校歌が流れます。 

(音量の設定にご注意ください)

○明治二十八年に校歌が作られました。
○洋式音楽が珍しかった当時としてはとても新鮮なメロディーで、
校歌そのものもまれに見るものでした。
○今、歌っている校歌は約百年も前に作られた伝統ある校歌なのです。
私達はこの古い伝統を守り続けることを誇りに思います。