教育目標

(1)学校の教育目標

  広く国際化・情報化が進展する社会、地球温暖化問題をはじめ、様々な環境問題が複雑化・深刻化している21世紀において、持続可能な社会の構築に向けた教育の理念は重要である。人格の形成を目指し、個性を尊重しつつ個人の能力を伸長し、自立した人間を育てるため、東京都教育委員会並びに中央区教育委員会の教育目標、本校の児童の生活や学習の課題に基づき、人間尊重の精神を基調に、知性、感性、道徳心や体力などをはぐくみ、心身ともに健康で人間性豊かな心と国際社会にたくましく生きる力の育成を図るため、次の目標を設定する。

 ○ よく考える子

 ○ 心ゆたかな子

 ○ 健康な子

  

(2)目指す学校像・児童像・教師像

 <目指す学校像>

○児童にとって:今日が充実し、明日が楽しみな学校

○保護者・地域にとって:安心・安全で信頼できる、開かれた学校

○教職員にとって:やりがいと誇りのもてる学校

 

<目指す児童像>

○思考力・判断力を身に付け、学習した事柄を活かすことができる子

○自他の生命を尊重し、思いやりと規範意識をもって行動することができる子

○心身の健康に関心をもち、進んで体を鍛える子

 

<目指す教師像>

○公務員としての高い自覚と自己の役割を深く認識し、行動する教師

○常に自己研鑽に励み、高い専門性を備える教師

○児童としっかり向き合い、共に行動し、児童の心を大切にする教師

 

(3)重点目標

①基礎学力の定着と学力の向上を図る

問題解決的な学習、自然体験、交流学習を通し、思考力・判断力・表現力を育成する。

②共に生きる力を育てる 

幼稚園との接続教育をすすめるとともに、道徳科の授業を改善・充実させ、思いやりの心を育てる。

③健康な体と体力の向上を図る

マイスクールスポーツ=縄跳びや水泳、持久走など、運動の生活化を重視した体力づくりを推進する。