校外学習-2年ー

 10月20日(火)に2年生が葛西臨海公園に行ってきました。薄曇ではありましたが爽やかな天候にも恵まれ楽しい1日を過ごすことができました。子供たちは、水族園で社会的なマナーを学んだり、友達との関わりを通して相手を思いやる気持ちを育んだりすることができた一日でした。

 最初に水族園に行き「自分のお気に入りの魚を見つけよう」と、一つ一つの水槽をじっくり観察しながら見て回りました。特に最近再開した「マグロの水槽」では、大きなマグロが回遊している様子を見て、一際大きな歓声(?)があがり、子供たちは熱心に見ていました。

 次に磯の様子を再現し、実際に触る体験ができるコーナーでは、なかなか触れない子も友達に励まされながら、ヒトデやウニを触ることができていました。エイとサメを触れるコーナーでは、おそるおそる手を伸ばす子がほとんどでしたが「エイはぬるぬるしていた」「サメはざらざらしていた」と触った感想を話していました。ペンギンのコーナーでは、様々な大きさの卵が用意されていて、同じペンギンでもいろいろな種類がいることに驚いていました。

 水族園を堪能した子供たちは、汐風の広場に移動し、楽しみにしていたお弁当を友達と一緒にいただきました。その後は、広い草原で元気いっぱい遊んでいました。鬼ごっこ・はないちもんめ・だるまさんが転んだ・・・・等々、子供たちは思い思いに広い公園を走り回っていました。友達との関わることの楽しさをしっかり味わうことができたと思います。