現在、阪本小学校の新校舎では、城東小学校と阪本小学校の児童が共同生活をしています。

学校給食は、2校分の献立を両校兼任の栄養士が作成し、食材を購入して、1つの給食室で、毎日約400食を調理しています。

 

献立の紹介

【毎月19日の食育の日】

◆日本の郷土料理・・・日本各地の、その土地に伝わる伝統食や、特産品を使った料理を紹介します。

(大分県の郷土料理)

 

【毎月1回】

◆世界の味めぐり・・・オリンピック、パラリンピック教育の一環として、世界各国料理を紹介します。

(ペルーのロモ・サルタード、ピカロン)

◆季節の和食・・・・・旬の食材を使った、一汁三菜(二菜)の和食献立を提供します。

(5月:たけのこごはん、春野菜のかきたまみそ汁)

◆地産地消・・・・・・東京都産食材を使って、地域でとれたものを地域で消費する「地産地消」を学びます。

(あしたばのかき揚げ)

◆野菜を食べよう・・・野菜60gを使った料理で、小学生の野菜摂取目標量(野菜1皿60g×5皿)を確認します。

(野菜60gの煮浸し)

◆かみかみ給食・・・・よくかんで、味わって食べることを意識した、かみごたえのある料理が登場します。

(豆あじの南蛮づけ)

 

◆季節の行事食

(6月11日:入梅・・・いわしの梅しそフライ)

(6月30日:夏越しのはらえ・・・水無月)

(7月7日:七夕・・・そうめん汁、お星さまポンチ)

 

食育活動

★1年生 はじめての給食

    

 

★1年生 グリンピースのさやむき

    

 

★2年生 そらまめのさやむき

    

 

★実物展示(東京都産食材や、季節の野菜など)

    

 

★給食カレンダー(毎日の給食を写真展示)