敬老の日によせて…

 祖父母の方に向けて、子どもたちがはがきを作成しました。そのはがきを投函するために、地域の郵便局の方が小さなポストを持って、来園してくださいました。小さなポストは愛称「ポストくん」。ポストくんの登場に、年中組・年長組の子どもからは、「「ポストくんだ」「また、来てくれたんだ!」の声があがりました。

 一人一人がポストにはがきを投函する体験ができました。そろそろ、祖父母の皆様に届くころでしょうか…。

           

 9月12日に敬老ふれあいデーを行いました。約70名の祖父母の方にお集まりいただきました。ご自身のお孫さんはもちろん、都合や遠方のお住まいで祖父母の方が来園できなかった園児にも温かな笑顔を向けてくださり、和やかな会となりました。

    

  各学級で普段子ども同士で遊んでいるジャンケンを使ったゲームやカードゲームを祖父母の方と一緒に楽しんだり、折り紙で「鶴」の折り方を教えていただいたりして過ごしました。その後、学年ごとに歌を披露しました。

 また、来年もぜひお越しください。お待ちしています。

 

運動会に向けて…

 明正幼稚園では、10月5日(土)に運動会を予定しています。今、子どもたちは運動会に向けて学年ごとの発達に応じた取組を行っています。

   

 そして、9月20日(金)には、年長組が作成した運動会のポスターを児童館や近隣のお店へ、掲示のお願いに行ってきました。ご協力いただきました皆様、ありがとうございます。ぜひ、運動会に遊びにいらしてください。

  

 

運動会の後で…(10月8日)

 運動会開催に際して、PTA役員の皆様、運動会係担当の皆様を始め、保護者皆様のご協力のおかげで準備、会の進行、片付けとスムーズに行うことができました。本当にありがとうございます。

 休み明けの今日、子どもたちが運動会の余韻を楽しみ、他学年の競技に挑戦したり、教えたりする姿が見られました。

   

 年長児が年中児にバルーンを教えてくれました。年中児だけでは難しいバルーンの操作も年長児が一緒にすることで、楽しさを味わうことができました。

  運動会当日のリレーは、応援の声も自然と大きくなる見応えのあるものでした。日々いろいろなドラマがあり、当日もドラマがあり、子どもたちがリレーを通して得たものは計り知れません。得たもののひとつである「学級のつながり」は、これからの園生活の様々な場面で発揮されることでしょう。

 年長児の力走を間近で見ていた年中児。早速、折り返しリレーを始めました。年長児に負けない真剣な表情です。年中児が年長児に憧れる、自分もやってみたいと意欲をもつということも、年長児が残してくれた大切な財産です。

    

 年少児がリレーを楽しむ姿も見られました。年少組はバトンを持って走ることが嬉しくて、楽しくて…。教師が作った手作りバトンを持って、繰り返し走ることを楽しんでいました。

  

秋の自然に親しみました…(10月18日)

 年中組と年長組は、10月11日(金)に千葉県柏市にある中央区の施設、「柏学園」に遠足に行ってきました。広い敷地には大きなグラウンドや雑木林、畑、池などがあります。年長組は畑でサツマイモ掘りを、年中組は雑木林を探検しました。

    

土を掘り、かき分けてサツマイモを掘り出します。収穫の喜びを味わうことができました。それぞれのご家庭でおいしいものに変身しましたか?

      

   「きのこを発見!」  「カナヘビ発見!」 「どんな香りがするかな?」  小学生と一緒にお弁当

 身仕度をしているときに雨が…。しかし、レインコートを着たら雨が止み、サツマイモ掘りも探検も濡れずに行うことができました。

 年少組は10月17日(木)に「新宿御苑」に行ってきました。大型バスに乗ることも、子どもたちにとっては楽しい経験のひとつです。新宿御苑には大きくてツヤツヤのドングリがたくさん!ドングリ拾いに夢中の子どもたちです。

    

   

 幼稚園で遠足ごっこを楽しみ、敷物や水筒の扱いにも慣れました。外で食べるお弁当の味は格別だったことでしょう。子どもたちの安全のために、ご協力いただいた遠足係のみなさん、ありがとうございました。

 園内で草花や野菜を育てたり、虫を探したりして自然に触れる経験ができるように工夫していますが、遠足を通して子どもたちの経験が一層豊かになりますね。